LYNCSブログ

慶應義塾大学公認団体 宇宙科学総合研究会(LYNCS)のブログです。

LYNCSの手引

はじめに

 みなさんどんなサークルに入りたいか決めましたか?

 「サークル多すぎて選べない!」あるいは「特に興味を引くものがない…...」と迷っている人も多いでしょう。もちろんどんな選択をするかはみなさんの自由です。

 しかし! 今この記事を読んでくれている方、少しでも宇宙に興味があると見込んでお願いがあります。宇宙に憧れる、星が好き! そんな心をもつすべての方にLYNCSはその門戸を開いています。だから、サークル選びの際はぜひLYNCSを検討してみて下さい!

 …...なんて、それだけで選んでもらうなんて虫が良すぎますよね。ええわかっています。だからこの記事があるのです。ぜひ当サークル、LYNCSについて知って欲しいのです。なので少し時間をください、そしてこの記事を読んでくれたら嬉しいです。

 さて、どんな活動をしているかわからないサークルに入るなんて挑戦者、ほとんどいないでしょう。ですのでここでは、「LYNCSが過去に何をしてきたのか」そして「これから何をする、あるいはしたいと思っているのか」についてお話しします。

 でもその前に、「LYNCSとは何か」を簡単に紹介しましょう。LYNCSとはずばり、「宇宙を研究する」サークルです。そしてそのアプローチ方法により、主に3つの本部に分かれて活動しています。工学研究本部理学研究本部天文研究本部です。また、新たなプロジェクトを立ち上げるための場として、先端技術研究本部というものもあります。

 名前だけ聞いたところでよくわかりませんよね。ということで、お待たせしました! これから各本部の活動紹介に入りたいと思います。この記事で少しでもLYNCSに興味を持ってもらえればと願っております。


*当サークルは慶應義塾大学公認団体であるため、慶應生でない方はご入会できません。


  • はじめに
  • 工学研究本部
    • これまで:CanSat製作!
    • これから
    • 最後に
  • 理学研究本部
    • これまで:輪講で学ぼう!
    • これから
    • 最後に
  • 天文研究本部
  • 先端技術研究本部
    • これまで:あなたの“挑戦”を応援します!
    • これから
  • おわりに
  • 公式LINEアカウント
続きを読む

【pixiv BOOTH】 LYNCS 刊行物・販売物リスト!

概要

このページでは、技術書典 応援祭での販売物を中心に、宇宙科学総合研究会 LYNCS より現在刊行・販売されているものについてまとめています。まとめているのは現在の販売物のみで、既に取り扱っていないものについては掲載していません。

f:id:lyncs:20200318234541p:plain
新刊 3 種

続きを読む

下田合宿 2019 報告

はじめに

 12月14日〜15日にかけて、静岡県下田にて合宿を行いました。今回の合宿の主な目的は “ふたご座流星群” の観測です! しかもこのふたご座流星群の極大は15日(日)の午前2時ごろなので、丁度土日の合宿で極大を捉えることができました。なので後は、本当に天気が良いことを祈るばかりでした。まあ一つ重大な問題があったのですが……。それはまた後ほど。では、その合宿の模様についてこれから紹介していきたいと思います。

  • はじめに
  • 昼〜夕暮れ
  • 夜:観測1回目
  • 夜:観測2回目
  • 観測後+余談
  • おわりに
続きを読む

2020年版 C言語/C++ 入門者のための環境構築 (Windows編)

  • 対象となる読者
    • この記事を書いた理由
  • まず、本当にC/C++から入門して大丈夫?
    • C/C++が向いていないなら何の言語を選べばいいの?
    • 逆にどういう人はC/C++から始めるといいの?
  • 1. コンパイラのインストール
  • 2. パスを通す
  • 3. 拡張子の表示
  • 4. エディタのインストール
  • 5. コードを書いて実行していく
  • LYNCS とは?
  • 初版:2018-03-11
  • 改訂:2019-12-07

対象となる読者

  • C言語/C++言語を始めたいが、環境が構築できていない
    • 大学の授業などでC言語を学習する必要がある人もこれに含みます
  • プログラミング自体経験がほとんどない
  • PCの基本操作は理解している

この記事を書いた理由

LYNCSでは、マイコンを用いたロボット等の制御にC++が使われることがあるため、プログラミング初心者でもC/C++から入る層が一定数居ます。 また、大学の一般教養科目として開講されるプログラミングの授業では、C言語を学ぶものもあります。 そういった状況を想定して、環境構築でつまづくことなく、言語の学習に集中できる一助となる記事を書きたいと思った次第です。

続きを読む

死んでも技術書典では T シャツを売ってはいけないという話(技術書典 7 報告)

はじめに

技術書典で T シャツを売ってはならない。

もちろん「絶対にそうしなければならない」というわけではない。どんな物事にも例外や特異点は存在する。ただ少なくとも、今後うちの団体が T シャツに手を出すことは無いだろう。いや、そのような事態を許すわけにはいかない。

以下の文章は、前回に引き続き弊団体の技術書典 7 参加での責任者となった min による、技術書典参加サークル各位及び弊団体後輩への忠告であり、個人的な深い自省であり、高度なダイレクトマーケティングである。

  • はじめに
  • 結論
  • 嵐の前
  • 「それなら」
  • 「お前は直感を信じない方が良い」
  • 発注数について
  • 準備
  • 爆散
  • おわりに
続きを読む

技術書典に初参加してみて(技術書典 6 )

はじめに

弊団体は、2019 年 4 月 14 日に行われた技術書典 6 に参加し、部誌の頒布を行った。技術書典への参加は、今回が初の試みとなった。そんなわけで、せっかくだから初参加の模様を記録しておこうと、ここに感想文的なブログ記事を執筆するに至ったわけである。大学の課題から目を逸らしつつ書き上げた文章なので、読みにくい部分が多々あるかもしれないが、「忙しい時に書いたんだな」ってことで許してもらいたい。

ちなみに、事務的な処理の HowTo とか、「同じ初参加の人へアドバイス!」的な内容は(なくはないけど)少ない。まあ、「反省」のところには、ちょっとそういう内容も入っているので、その辺が気になる方はそこだけ読んでいただければいいと思う。基本的には、「こいつには技術書典がこんな風に見えてたのか」「裏でこんな苦労があったのか」ぐらいな気持ちで見て頂きたい。

執筆は今回の技術書典参加にて編集長的な立場だった min が担当する。

  • はじめに
  • きっかけ
  • 申請とか原稿とか
  • 当日
  • 反省
    • 複数テーマの合作は微妙
    • 見本誌が不足した
    • 集まった会員が多い
    • 締め切りを守ろう
  • おわりに
続きを読む

【慶應理工学部新入生向け】時間割組みで後悔しないための、般教の取り方 11 箇条

はじめに

この記事においては、一般教養科目(以下、「般教」と表記)の取り方のアドバイスみたいなものを紹介します。事務的な申請方法ではなく、どのように時間割を組めば良いかを紹介する記事になっています。慶應義塾大学に入学する新 1 年生に向けた記事です。

基本的には理工学部に入る方に向けた記事になっていますが、全学部共通の内容も多いので、他学部の方も参考にしていただければと思います。

  • はじめに
  • その 1:興味のある内容を取る
  • その 2:試験かレポートか
  • その 3:1 限は空けた方がいい
  • その 4:2 限か 3 限は空けた方がいい
  • その 5:楽単狙いもほどほどに
  • その 6:1 限から 5 限まで全部入れないように
  • その 7:語学の前は空けたい
  • その 8:通年の講義は通年で
  • その 9:「潜る」のも 1 つの手
  • その 10:遠慮せずに申請してみよう
  • その 11:教職狙いは「体育」と「法学(憲法を含む)」を忘れずに!
  • おわりに
  • 余談:バイトしたい時、土曜日の講義を受けるか迷った時
続きを読む